読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のたうちまわり

すいません、ゆるしてください なんでも書きますから

「SCOOP!」ネタバレ無し感想~みんなゲスくてみんないい

f:id:kanikoosen:20161001173958p:plain

10月10日公開の「SCOOP!」見てきました。

想像以上の満足度です。パパラッチの話なので、日本版「ナイトクローラー」みたいな感じなのかな-、とか思ってたけど全然違ってた。


監督はドラマをメインに活動している大根仁氏(最近は実写版「バクマン。」撮ってた)だし、主演は福山雅治だし、テキトーに無難な青春モノでもつくればそれなりに安定して売れそう、なんて思っちゃうけど……大根監督はそんなダサいことはしなかった。

滅茶苦茶ギラついてて、スゲー面白かったです(小並感)


迫真のカーセックスで始まる冒頭から、最大の見せ場である盗撮シーンに、カーチェイスやアクションシーンもあったりして、途中一切ダレることはなかったです。チャラいキャラとは裏腹にシナリオの本筋は意外とシリアス。そのギャップも秀逸に作用してます。


中年パパラッチと揶揄される自堕落なカメラマン都城静(福山雅治)は、週刊誌「SCOOP!」の新人女記者行川野火(二階堂ふみ)とタッグを組まされることになる。二人はあの手この手の方法で著名人のスキャンダルを暴いていく……という筋書き。
主人公の名前が「しずか」と「のび」だったり(これは原作基準だけど)、「強気な女副編集長」といういかにも吉田羊っぽい役で出演した吉田羊がデカい声で「ヤリマン」とか言ったり、序盤から見所に溢れてます。リリーフランキーも怪演。怖い。

盗撮パートも実際の週刊誌記者もやってそうな巧妙な手口だったり、もはやギャグに近い壮大な仕掛けを使ってたり。始めはこの仕事に嫌悪感を示していた野火が都城に感化されていきだんだんノリノリになっていく過程も笑えました。
予告編にもあった、政治家の不倫を撮影するために花火を打ち上げるシーンは見もの。

週刊誌編集部にスポットを当てた、「お仕事ドラマ」的なシーンもあるけれど、下手に美化したりせず、ダーティな部分はダーティに描かれているのも素晴らしい。むしろこういう仕事は世間様から褒められたものじゃないからこそカッコいいんですよね。それこそ「ナイトクローラー」とか「タクシードライバー」的なカッコ良さ。スキャンダルで部数がうなぎ上りになっていく中の、編修者たちのゲスいはしゃぎっぷりも微笑ましい。

楽しさの中に含蓄があり、ラストもちょうど良く余韻の残る骨太な映画でした。テンポの良さやドローン撮影なんかも取り入れた躍動感に満ちたカメラワークなどは大作の洋画さながらながらも、邦画的な要素も上手く盛り込んだ日本映画。海外ウケもいいいんじゃないかな、と思います。

実際、評論家とか細かいところまで気にする人とかは指摘するんだろうなーってところもわりとあったり。カーチェイスの場面とか(実際「マリオカートじゃあるまいし」みたいな台詞言う)、あれだけやって逮捕されないのはおかしいだとか。
でも、それもまたこの作品の尖りっぷりを強調してるんですよ。
そもそもマスコミを蛇蠍のごとく嫌ってる筋の人は滅茶苦茶怒りそう(笑)
個人的にはその手の人たちにこそ見て欲しいんだけど。


総評としてはやっぱり、誰が何と言おうと欲望を剥き出しにして夜の街を這いずり回る人間ってのはカッコいいんですよ。それに尽きます。 

f:id:kanikoosen:20161001232523p:plain



あと、「怒り」も見ました。あれも本当凄いですね。終盤震えっぱなしでした。間違いなく邦画の中でもトップクラスのクオリティです。
邦画史に残りうるが二本も公開されている今、君の名はばっかり見てる場合じゃないっすよ!